【社員!Shine!】八王子市女性のための職員キャリアデザイン研修を開催しました!

女性活躍推進法が施行され、女性の働き方が注目を浴びることが増えています。


個々人の「働き方」に関する価値観に多様性が認められつつある現在、自治体職員のにおいてもキャリアに関する考え方は多様であることを知る機会を作り、個人のキャリアマップを「見える化」しようという目的から、八王子市役所女性職員向けにキャリアデザイン研修を開催しました。

参加者は、20代後半の女性職員約30名と、サポーターである6名の主査職。



  • ライフイベントと仕事の両立を模索しながら働く、「身近な先輩」と考えを共有し、働き方をどう変えていけるかを検討していける場として。
  • タテヨコナナメの関係を市庁内で作り、多様なロールモデルとコミュニケーションを構築できるきっかけとして。



研修では、トークセッション、ワークショップ、ワールドカフェを行い、参加者一人一人のこれからの「キャリア」について改めて考える機会となりました。





職員課の柳沢様、杉山様には今回の企画及び運営にあたりとてもお世話になりました。
この度はお声がけいただき本当にありがとうございました。

【団体情報】松本暁義さまよりご寄付をいただきました!

リニューアルした生き方デザイン学の第16期のゲストスピーカーであります松本暁義さんから当法人の活動にご寄付をいただきました。



松本暁義さんと出会ったのはArrowArrowがつくっている中小企業ワークスタイル研究会の場所でした。
中小企業で働く人の育休と復帰の事例の多様さを作ったサイボウズ株式会社/渡辺清美さんがゲストの回でした。

その後、松本さんはZOHO Japan(ゾーホージャパン株式会社)の管理職にて、企業で初の男性育休取得をしました。
2人目のお子さんの育休も取得され、これからは3人目のお子さんの育休取得を検討されていること、ご自身やパートナーの実家である宮崎県・沖縄県とを行き来しながら働く、新しい働き方も模索していくという様子も聞きました。

ライフイベントと働くことをどちらも選択し、そして生き方をデザインしていくことをお聞きできたこと、
ArrowArrowとしてもとても嬉しく思っておりますし、出会えたきっかけからこのような繋がりに発展していることそのものも嬉しいです。

この度は本当にありがとうございました。

【生き方デザイン学】リニューアルします!




自分が大事にしてきた物事を決める軸はなんなのか。

結婚・妊娠・出産・子育て・介護などのライフイベントによって生み出される暮らしの変化が絡まると、途端に「決める」ことが難しくなるのはなぜか。
自分と他者との意思決定が違う時どうしたら良いか。

【自由大学・生き方デザイン学/申し込みはコチラ】
https://freedom-univ.com/lecture/designing_your_life.html/

自分を振り返ること・疑問を持つこと・行動すること・確かめること。
これからの”生き方をデザインする”のは女性も男性も共に創る。

2011年から始めた生き方デザイン学。
今考える”生き方デザイン”について、大幅なリニューアルを行い、
一緒に対話の時間を作りたいと思います!